男女

サポートを受けて行なう会社設立【利用するメリットが沢山】

  1. ホーム
  2. 特別行政区の入国手続

特別行政区の入国手続

相談

必要な申請書類と方法

観光や短期の商用が目的のとき、日本のパスポートを持っていれば、ビザなしでも90日以内の香港滞在が認められます。それを超えて滞在する場合には、就労・投資・扶養家族などの各種ビザが必要になり、違反すると刑罰が科されることもあります。香港のビザを取得するには、在日中国大使館または総領事館へ出向くか、香港の入境事務所へ必要書類を直接郵送する必要があります。就労ビザは香港経済の成長に役立つ知識や技術を持っていることが支給の条件になり、申請者と雇用主の両方が審査を受けます。申請者は申請書やパスポートの写しのほか、学歴・職歴を証明する書類を提出します。また雇用主は申請書や商業登記証明書のほか、会社の事業内容を説明する書類や、決算書などの財務書類を用意しなければなりません。ただし短期間に複数の従業員がビザを取得する場合には、雇用主の提出書類の一部は免除されます。投資ビザは香港で事業を行う株主に必要となり、本人の職歴や学歴のほか、事業計画書や雇用計画書を揃えて申請します。また就労者の扶養家族は、就労や就学が可能な扶養家族ビザが取得できます。なお入国が許可された後は、滞在期限が来るたびに延長申請を行ないます。香港ビザは条件さえ満たせば、取得が特に難しいわけではありません。しかし資格や業務内容などを詳しく説明する必要があり、一度却下されると再申請が難しくなるため、確実に取得したいなら専門家に依頼することをお勧めします。